HARUZOのお求めはこちら
 
HARUZO絵具 日本で一番古く、一番新しい油絵具
商品紹介 長崎春蔵とは HARUZO絵具の歴史 ディーラー様へ お問い合わせ
 
 
HARUZO絵具の歴史
 

大正6年

1917年 長崎春蔵の手により、油絵具の研究・開発が始まる。
大正8年 1919年 研究の成果が東京神田にある画材店「文房堂」の目に留まり、
文房堂のオリジナルブランドとして供給を始める。
文房堂により東京下落合に工場設立。
大正9年 1920年 国産初の専門家用油絵具が正式発売。
大正14年 1925年 国産初のポスターカラーを開発。主にグラフィック用の絵具として発売される。
(今日、一般名刺となっている「ポスターカラー」とは、この絵具の商品名が由来。)
昭和5年 1930年 当時の一流画家を一堂に集めての「文房堂油絵具による展覧会」を
都内画廊にて開催。国産絵具の優秀性を喧伝するものとして、
大いに朝野の注目を集める。
昭和7年 1932年 専門家用透明水彩絵具を開発。
昭和22年 1947年 パレット化学工業合名会社を設立。
昭和52年 1977年 銅版画インキを開発。
昭和59年 1984年 (名)文房堂絵具に社名変更。
昭和63年 1988年 埼玉県(現住所)に工場移転。
平成20年 2008年

文房堂ブランドの供給を終了。
10月、新専門家用ブランド「HARUZO」を正式発売。

平成21年 2009年 (名)文房堂絵具 から(名)春蔵絵具へ社名変更。
プライバシーポリシー | 会社概要 |  お問い合わせ
合名会社 春蔵絵具 〒354-0043 埼玉県入間郡三芳町竹間沢324-6 TEL:049-259-4116 FAX:049-259-4156